読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

洋画 × フェイス・オフ × 途中で悪役と良役が入れ替わるが違和感なし。名アクション映画といえばこれ! × ネタバレあり

映画 洋画

 f:id:Akira1227:20170322222045j:plain

 

 あらすじ

 憎むべき相手と互いに顔を取り替えた二人の男の果てしなき死闘を描いた、J・ウー監督によるバイオレンス・アクション。かつて冷酷無比のテロリスト、トロイによって最愛の息子を失っているFBI捜査官アーチャーは飛行場でトロイを捕らえたが、トロイがLAのどこかに細菌爆弾を仕掛けている事が判明。当のトロイは植物人間となっており、唯一の情報源は獄中にいるトロイの弟ポラックスだけだった。FBI特殊班はアーチャーにトロイの顔を移植しポラックスから爆弾の設置場所を聞き出すことに……。

 

見た後の感想

 名俳優であるニコラス・ケイジジョン・トラヴォルタの共演。

それだけでも、すごいのに話が素晴らしい。さらに名監督のジョン・ウーです。

特に、ニコラス・ケイジが好きで、「コン・エアー」、「ザ・ロック」とこの年代が好きだったりします。ちなみに「フェイス・オフ」を見るのは10年ぶりです。10年もたつと、顔が入れ替わるぐらいしか覚えていなく、ほとんど初見と変わりません。それにしても、この時代のアクション映画はほんとにすごい、お金が有り余っているのか、あっちで爆発、こっちで爆発、そして、車も船もどっかんどっかん。銃であっちこっち壊しては、脇役は死んでいきます。しかし、「フェイス・オフ」という映画はそれだけでは終わりません。顔を剥ぎ取って入れ替えるシーンなんて、今でも通用するCGを使っています。現代と昔の融合を昔にしてしまっています。ちなみに「フェイス・オフ」ってのはアイスホッケー用語で一時試合を中断した後の試合再開という意味もあるそう。

アイスホッケーが盛んなアメリカらしい意味も含まれています。

 

子どもを殺されたFBIのパパであるジョン・トラヴォルタ、その子どもを殺したニコラス・ケイジの名演技。正義から悪にフェイス・オフしても違和感見れたのは、この二人が演じたからでしょう。

アクション映画好きにはおすすめです。

 

 

スポンサーリンク