歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

久しぶりに定時帰り × なので × ブログ更新だぜ

f:id:Akira1227:20170606220702j:plain

 

サラリーマンの皆様こんばんは。

社逐の諸先輩方、今日もお疲れ様です。

 

私はプログラマーをしていて、三次請けの出向をしています。

いつもは、9時~18時まで勤務ではなく、21時を過ぎまで仕事をしています。

つまり、毎日残業です。

 

そんな私の奇跡の記録。

 

奇跡への架け橋

あー、もう、奇跡です。今日は、出向先のボスがお休みということで、

「明日はこれやってね。」と、いくつもの仕事を渡される。

 

「これは1時間ぐらい、あれは2時間ぐらいで終わりそうだけど、時間余るよね?」

えっと、多分そんなに終わりませんよ・・・。

 

ただ、そこでちょっと粘ったおかげで、新しいお仕事は貰うことはありませんでした。

 

退社時間が明るい

1時間で終わると渡された仕事は、3時間かかり、午前中終了。

 

今日も終わった・・・。

なんて思っていると、2時間の仕事は30分で終了。

他の仕事もちゃちゃっと終わらせて、

 

17時には帰る準備。

 

そんなわけで、帰る時間が明るい。

 

 

いつも帰ったら寝るだけだから

帰ったら、ご飯を作り、風呂入って、寝る。

そんなルーティンをこなしていると、定時に帰ると困る。

 

「ご飯食べ終わったけど、何をしましょう?」となってしまう。

とりあえず、ポイントサイトとかして、野球を見ました。

 

今はブログを書いています(笑)

 

定時帰りで気付くこと

当たり前のことなんだけど、定時帰り(18時)の人って多いと思う。

 

いつもより、電車は混んでいたし、バスも乗っている人多い。

道端を歩いてる人も多い。

もちろん、サラリーマンやOLの人のみを入れて、である。

 

これ、毎日残業をしていると気が付かないし、意外だと思ってしまった。

社会に毒されているのだろうか。いや、毒されているな。

 

番外編

今年のうちの新人がやめたのだけど、その理由が逸脱でした。

それは、「残業できないんです。」

 

これを聞いて、先輩も後輩も含めて社員のみんなが「そんな奴いてるんやな。」と言ってました。

本当にそうなんでしょうか。

 

仕事は終わっていないと残業しないといけない。

けど、残業というものは、会社側や上司が「今日、残業できる?」と、お願いするもののような気がするけど、どうだろう?

ただ、残業を全くしない。その日の仕事を終えていないのに、帰るってのはおかしい気もする。

 

ただ思ったのは、会社のための人生も嫌だけど、自分のためだけの人生も嫌かな。

話が大きくなりすぎた(笑) 

まとめ

なにはともあれ、明日も定時帰りできるように頑張ります。

ただ、明日はボスがいるし、だめだろうな・・・。

 

でもでも、定時で帰ると自由時間が多くて、楽しいのは間違いないしな。

 

スポンサーリンク