歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

洋画 × 猿の惑星 創世記(ジェネシス) × 迫力のCG。だけど第1作目から見とけば良かったなと後悔 × ネタバレあり

 f:id:Akira1227:20170215163124j:plain

 

 あらすじ

現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。人類のごう慢さが、猿の知能を発達させてしまう要因となり、人類にとって最大の危機を巻き起こしていく。

 

見た後の感想

この作品は”全編通して猿の惑星がどうやって出来たのか?”っていうストーリーです。

今までの「猿の惑星」を入れるとプロローグの位置です。

 

ちなみにティム・バートンの評判のよくない「猿の惑星」は見たことあります。

あの映画が「猿の惑星」の中で初見だったんですが、かなり面白かったイメージでした。

そこそこ前なので、記憶が美化されてるかもしれませんが。

 

その影響からか「猿の惑星」といえば、猿が人間を支配していて、人間が反旗をひるがえすという感じの話かと思っていたのですが、全く違いました。

 

主人公のアルツハイマーのお父さんを治すための開発した薬が話の発端となります。

そういう些細なところが始まりだったりするので、SF映画なのに身近で怖いです。

現実に薬の開発は動物を使って実験して。そのあと人へというところは同じでしょうし。

 

話自体は中だるみも無く、2転3転しますし、先が気になってとても面白いです。よく練られた作品だと思いました。”猿”という1括りで言っても、チンパンジーにゴリラなどなど多彩な種類が出てきますし、個性豊かですし。

 

もちろん、CGの技術のすごさは言うまでもありません。

「猿が檻の中で決起するところ」、「猿が檻から脱出するところ」、最後の「橋での猿と人との戦うところ」見所ばかりです。

気付いたら映画が終わっていたって感じたほど、見入ってしまいました。

もっと大ヒットしても良いと思うのですが、なんでなのかなー?「猿の惑星」自体飽きられたのかな?

 

 

ただ、1968年公開の1作目からの視聴していけば良かったと後悔。

 

スポンサーリンク