読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

読書感想 × 小林 雅一 × AIの衝撃 人工知能は人類の敵か × AIよりもアメリカ企業に恐怖を感じた

 

f:id:Akira1227:20170326133527j:plain

 

著者

小林 雅一

 

あらすじ

脳科学とコンピュータの融合が私たちの常識を覆す! 自動運転車、ドローン、ロボット兵器、雇用・産業構造、医療・介護、芸術……。「自ら学んで成長する能力」を身につけた次世代ロボットは、人間社会をどのように変えるのか。はたして、AIに脅かされる職種とは? AIが「人類を滅亡させる」のは本当か?  いまそこにある「日本衰退」の危機とは? 人間の存在価値が問われる時代の必読書! (講談社現代新書

 

感想

 私自身がSEとして働いているからかAIの話には気になります。

プログラミングが主な仕事で、サブで設計をしているので、どこまでがAIに仕事奪われてしまうのだろうかと。

 

タイトルから考えると薄っぺらい内容なのかと思うとそんなことありません。

2年ほど近い書籍なので、最新情報でないのが少し残念かな。

 

しかし、過去にもAIブームがあったなんて知らなかった。一度そこで挫折していて、今またブームになってるんですね。

 

GoogleamazonFacebookなどアメリカのIT企業がAIを進めてる点については、日本にとって脅威になるでしょう。パソコン、スマートフォンのOSは現在、すべてアメリカの企業ですし、このOSがいろんな電子機器に使われるようになると日本企業は生き残れるんですかね?ハードでは様々な便利なものを作ってきた日本。けれど、ソフトは弱いんですよね。

 

また、ディープラーニングというものが、脳科学の発展から作られているのは知りませんでした。この技術も一度は壁にぶつかるかもしれませんが、これからも発展していくでしょう。

 

AIの開発と歴史を学ぶことが出来、AIの入門書って感じで、内容を砕いて紹介しているのですんなり頭に入ってきました。

読み終わってからそこそこ時間も経っていますが、頭に残っているのもそのためでしょう。

 

 

これからAIはどうなっていくんですかねー?

未来はどうなるか分かりませんが、これから大切なのは柔軟な考えのように思います。

AIが人間を支配する未来だけは来ないように願いたいものです。

 

最後まで読んでいた頂きありがとうございます!!

これからも更新していくのでご贔屓のほど、宜しくお願いします!!

 

スポンサーリンク