歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

2016年6月4週 × 上場銘柄&投資信託 × ポートフォリオを公開 × イギリスEU離脱が決定 × 願いは選挙までに16,500まで戻って・・・。

日経平均(2016年6月20日~2016年06年24日)

16,035~14,864

株.jpg

 

週末のイギリスEU離脱により、大きく下げた週となりました。

私は残留と読んでいたため、離脱と決定したときには、

225投信(1321)を一口だけナンピンしただけで大幅なナンピンはしませんでした。

もちろん、ドテン売りなんてことは出来ず、含み損が膨らみました。

 

保有銘柄

f:id:Akira1227:20160626233732p:plain

保有投信

f:id:Akira1227:20160626233929p:plain

今年度の損益

f:id:Akira1227:20160618192606p:plain

 

今週の総括

EU離脱が決定したことにより、日経平均は1374円安まで下げ幅を広げ、

14,864円までいきました。

それまでは、EU離脱が遠のいた観測があると上げるなどしていたので、

完全に誰もが予期していなかったように思います。

 

今後の投資方針

これからどのようにしていくかを考えていこうと思います。

しかし、それは今後の日経平均がどのように動くかによるかと思います。

(例えば上がると予想したとしても間違うこともあるかと思うので・・・。)

そのため、下がる場合と上がる場合の2パターンの戦略で進めていこうと思います。

プラン1(上がった場合)

世界の為替介入や選挙前の大幅財政出動という可能性もあるかと思います。

16,500までの戻りがあった場合は225投信(1321)を手放します。

その後、日経ダブルインバース(1357)を少しづつ買おうかと思います。

 

プラン2(下がった場合)

為替介入をしても、EU離脱の影響が強く、

リーマンショック並の下げがくるかもしれません。

その場合はもしかすると日経12,000台なんてこともあるかもしれません。

そういった大幅な下げがあるといくらナンピンをしてもお手上げ状態になります。

しかし、幸いなことに私は余力資金で投資をしています。

その場合は目先の利益を求めず、給料日毎に「個別株」、「REIT」、「投信」、「ETF」のマイナスの損益が大きい順にナンピンをしていこうと思います。

まあ、間違いなくみずほFG(8411)が最優先となりそうですが。

 

まとめ

これからどのように日経平均が動くかは全くもって分からなくなりました。

下げ過ぎのため、少しのリバウンドはあるかもしれませんが、

どちらの動いたとしても慌てることなく、対処していきたいです。

16,500以上、年内にきてほしい・・・。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。