読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

洋画 × アデライン、100年目 × ブレイク・ライヴリー × ドラマ「ゴシップガール」の主人公 × ネタバレあり

映画 洋画

ドラマ「ゴシップガール」の主人公、セリーナを演じていたブレイク・ライヴリー 映画です。

 

ゴシップガール」はまだ見ている途中なんですが、ブレイク・ライヴリーの映画を見てみたいと思い、見てみました。

adaline100.jp

 

あらすじ

f:id:Akira1227:20160710131749j:plain

29歳の姿のまま100年以上を生き続けた女性が真実の愛を見いだすまでの軌跡を、テレビシリーズ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリー主演で描いたファンタジックラブストーリー。

監督は「セレステジェシー」のリー・トランド・クリーガー

サンフランシスコで老犬と暮らす若き美女ジェニーは、ホテルでの年越しパーティで知り合った青年エリスと恋に落ちる。

ある日、ジェニーはエリスの両親の結婚記念日を祝うため、彼の実家を訪れる。

エリスの父親ウィリアムは、初対面のはずのジェニーを見た途端に驚愕の表情を浮かべ、彼女に「アデライン」と呼びかける。

それは、ウィリアムが若い頃に愛した女性の名前だった。

共演にハリソン・フォード、「インターステラー」のエレン・バースティン、テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の若手オランダ人俳優ミキール・ハースマン。

 

感想

歳を取らなくなった女性の話。

おとぎ話にありそうな、どこにでもありそうな設定ですが、上手くまとまっている映画です。

 

アデラインを演じるブレイク・ライヴリーの演技力はもちろん、更にハリソン・フォードインパクトがすごいです。

ただ、ハリソン・フォードは脇役なので、このインパクトは必要なかったかもしれません。

 

しかし、その点を引いても、本当におもしろい。

私は最後まで釘付けになった映画でした。