歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

邦画 × 宇宙兄弟 × 小栗旬・岡田将生・麻生久美子・堤真一ほか × 漫画からの実写版 × ネタバレあり

f:id:Akira1227:20160711183720j:plain

キャスト

南波日々人 = 岡田将生

南波六太 = 小栗旬

伊藤せりか = 麻生久美子

星加正 = 堤真一

ほか

matome.naver.jp

 

あらすじ

宇宙飛行士ブライアン・ジェイが乗っている月面着陸ロケットCSE-43のバックアップクルーに選出された南波日々人。

しかし、ブライアンは想定外の事故によって帰らぬ人となり、さらにはNASAが有人ミッションの見直しを検討することに。

一方、日々人の兄、六太は宇宙飛行士への夢を諦め、自動車会社に勤務する会社員になっていた。

映画『宇宙兄弟#0(ナンバーゼロ)』 - シネマトゥデイ

 

感想

小栗旬が好きです。

ほとんどの作品を見ていると思います。

 

ドラマでいうと、GTO(反町隆)から始まり、リッチマン・プアウーマンまで。

映画で最近だと、ルパン三世の実写版です。

 

全てが好きということはありませんが、なんとなく演技の仕方が好きです。

 

というわけで、宇宙兄弟も楽しみにしていました。

 

テーマは兄弟愛、夢、そして宇宙といったところでしょうか。

 

なかでも、兄弟愛が本当に素晴らしい。

私には、兄貴はいませんが、こういう兄貴が欲しいと思いました。

 

あと、ロケット発射シーンは迫力満載です。

こういうところは、宇宙映画の醍醐味と思います。

 

宇宙飛行士になるまでの過程なんてのも、リアルに再現されているように思います。

経験したことないので、恐らくなんですけどね。

 

ちなみに原作を読んでいるファンだけど、かなり面白かったです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。