読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

洋画 × ベンジャミンバトン × 老いから始まり若返っていく人の物語 × ネタバレあり

f:id:Akira1227:20161220175229j:plain

 

 あらすじ

80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン。時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、時間を刻んでいく……

 

見た後の感想

2時間50分の長編映画です。

 

そう聞くとしんどい映画に感じますがあっという間に終わります。

 

内容は主人公ベンジャミンの日記の回想がストーリーとなります。

それを聞いたヒロインであるベイジーがどう思うかってところも主軸ともなります。

 

そのベンジャミンが80代として生まれ、赤ん坊になり死んでいきます。

 

この物語とても残酷に思いました。

 

老人で生まれて、たくさんの死を見てきていますし、恋人とは家族になれても

自分は歳が若くなってしまいますから子供が増えてしまいますよね。

 

そんな残酷な物語でありながら最後はハッピーエンドでした。

 

ベイジーは最後は病床で息を引き取りますが、最後の最後までベンジャミンを思っていたように思います。

 

ベンジャミンはどうだったんだろう?

様々な死を見てきて何を思ったのだろう?

「でもお迎えが来たら行くしかない」と言っているけど、本心はどうだったんだろうか?

 

それはベンジャミンだけが分かるように思う。

けれど、私には幸せであったように思います。

 

デヴィッド・フィンチャー監督の映画はこの映画の次に撮った「ソーシャルネットワーク」の二作目です。

akira1227.hatenadiary.com

 

この監督、暴力的な作品が多かったけれど例外もあるのだろうか。

 

 

スポンサーリンク