歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

簿記3級 × 結果発表 × 合格しました~!!

写真.JPG

こんにちは。

歩く湿度計こと、あっくんです。

日商簿記3級に合格しました。

これから受ける方がいましたら、 少しでも参考になったら良いなと思ったので、 簡単ではありますがレポートします。 簿記を勉強するきっかけは、 簿記を知れば会社のお金について少しでも分かると思ったので勉強を始めました。 しかし、私は今まで簿記の勉強をしたことがなかったので、 どこから勉強をはじめたら良いのか迷いました。 スクールも検討したんですが、費用の関係で辞めました。 結構高いですもんね。 なので、0からのスタートで独学です。

まず、初めにテキストを読むことから始めました。

テキストについては軽く読みました。 過去問が大切だというのを色んな人に聞いたからです。 それでもテキストは電車など、空いた時間に2周ほど読みました。 そんなに分厚くもなかったので、読むことが出来ました。 家では過去問題集を何回も解きました。

ちなみに過去問題集は3周ぐらいしたと思います。

重要なのは。特に第1問と第3問と第5問です。 第1問の仕分けは問題のパターンを 覚えるために何度も解きました。 何度も解くと分かりますが、 パターンがあって、それもそんなに多くないように思います。 とりあえず、第1問は慣れるまで解くことをお勧めします。 第3問はイージーミスがないように何度もしました。 合計残高試算表と残高試算表を何回か見間違いをして不正解なんてあったので、 これは本番で絶対しないようにって気をつけましたね。 第5問も重要です。 また精算表も問題のパターンが決まっています。 表を作るのが面倒ですが、 ネットに答案用紙があるので、 それをコンビニでコピーして、 何度も問題を解きました。 第2問と第4問は何回かしただけで、 ほとんど対策はしませんでしたね(笑)配点が低いので、半分ぐらい取れるようにしましょう。

とりあえず、簿記は手を動かして頭に記憶させることが 重要だと思います。 ちなみに勉強した時間は、 平日に過去問を1時間 電車の往復でテキストを1時間を読み、 休みの日に過去問を3時間解きました 合格した感想としては、 簿記の知識が深まったことで、 会社の財務諸表が少し読めることが出来るようになりました。 本屋さんで立ち読みしたときに実感しました(笑)

私の仕事はSEで簿記と直接というのはありません。しかし、どこかで役立つことはあるとは思います。

次は2級にチャレンジします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。