読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

読書感想 × 島田紳助(著),松本人志(著)× 哲学

読書感想

【著者】

島田紳助 松本人志

【あらすじ】

「そろそろ自分の死に際のことを考え始めている」島田紳助。 「『もうあいつには勝てんな』と他の芸人にいわせたい」松本人志。互いに"天才"と認め合う二人が、照れも飾りもなく本音だけで綴った深遠なる「人生哲学」。 お笑い、日本、恋愛、家族・・・ここまでさらけ出してしまって、本当にいいのか? 二人の異才の全思考。

【目次】

第1章 松本紳助、「笑い」の哲学を語る 第2章 松本紳助、「人生哲学」を語る 第3章 島田紳助松本人志の邂逅

【感想】

ベストセラーになっている一冊です。 「笑い」という分野を最高に極めた二人だけあって、 内容はとても濃いです。 それに「笑い」だけでなく、「人生」というテーマについても 書かれていて、二人にしか見えない視点があるかもしれないな~と驚かされた。 また、テレビでは見せない一面が本書に散りばめられてあり、 とても深い内容になっています。 特に「友達とお金について」は一度読んでみる価値はあります。