読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

読書感想 × ロバート キヨサキ(著),シャロン・レクター(公認会計士)(著), 白根 美保子(翻訳)× 金持ち父さん 貧乏父さん

読書感想

 

【著者】

ロバート キヨサキ

シャロン・レクター(公認会計士)

 

【翻訳】

白根 美保子

 

【あらすじ】

この本は・・・・・

*金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。

*持ち家が資産だという「信仰」を揺るがす。

*資産と負債の違いをはっきりさせる。

*お金について教えるのに、学校教育があてにできないことを親にわからせる。

*そして、お金について子供たちに何を教えらいいかを教えてくれる。

 

【目次】

■教えの書

・金持ち父さん、貧乏父さんーロバート・キヨサキが語ったこと

・金持ち父さんの六つの教え

・金持ちはお金のためには働かない

・お金の流れの読み方を学ぶ ほか)

■実践の書

・まず五つの障害を乗り越えよう

・スタートを切るための十のステップ

・具体的な行動を始めるためのヒント)

■エピローグ

・たった七千ドルで四人の子供を大学に行かせた男の話

 

【感想】

世界中で大ベストセラーになり、

一度は聞いたことがあるかもしれない一冊。

 

けれど、あまり良書とは思えませんでした。

 

本書のなかで

自分の父親を"貧乏父さん"と呼び、

友人の父親を"金持ち父さん"と呼ぶのはどうかと思ったから。

 

内容はとても過激なので、

一歩引いた目線で読むことをお勧めします。

 

それでも参考にはならないが、勉強にはなったかな。