年収300万SEのアメリカ株 & 新興株長期投資

アメリカのS&P500のETFを中心に新興株を取り入れて投資をしています。週に一度は更新すると思うので見て行ってください。

読書感想 × Lepton(著)× きれいなコードを書くための鉄則

【著者】

Lepton

 

【あらすじ】

見るに堪えないひどいコードに出会ったら。。。あなたなら、どうしますか?

 

できるプログラマになるための、知っているようで知らないプログラミングの「常識」と「非常識」を楽しく学べる!

コーディングルール、アルゴリズムデザインパターンリファクタリングなどの本当のキモが理解できる。

 

本書で賢者の知恵を身につけて、あなたも上級プログラマの仲間入り!

 

【目次】

■第1部 コーディングルールの光と影

・鉄則その1 メソッド(関数)は○○行以下に!?

・鉄則その2 命名規則の考え方

・鉄則その3 わかりやすいコードを書く

・鉄則その4 見た目の美しく

 

■第2部 コーディングルールに書けないあんなこと・こんなこと

・鉄則その5 再帰呼び出しの使いどころ

・鉄則その6 探索アルゴリズムの選び方

・鉄則その7 整数型の使い方

・鉄則その8 フラグとビットフィールドは必要最小限に

・鉄則その9 文字と文字列の落とし穴

・鉄則その10 日付と時刻の持たせ方

■第3部 上手に楽をするために

・鉄則その11 言語を選ぶ

・鉄則その12 デザインパターンをどう使うか

■第4部 プログラムはでき上がっても、それで終わりではない

・鉄則その13 メソッドやクラスの変更と廃止

・鉄則その14 小規模なシステムと大規模なシステムの違いを考える

・鉄則その15 リファクタリング

■第5部 きれいなコードを書くための最後の鉄則

・鉄則その16 きれいなコードを書くための最後の鉄則

 

【感想】

著者の価値観から、コーディングルールと設計について

学ぶことが出来ます。

 

タイトルに鉄則とありますが、

全体を通して読んでも強制的なところはありませんでした。

 

また、コードの書き方だけでなく、

JAVAを基本にして、オブジェクト指向言語についても書かれているので、

これからオブジェクト指向を学び始める人には、参考になると思います。

 

探索アルゴリズムや再起呼び出しなどプログラマーであるなら、

頭に入れておかなければいけない事も本書には記載されています。

 

それに難易度的には簡単な部類だったので、

とても読みやすかったです。

 

コードを書く全ての人に読んで欲しい、

私からお勧めしたい良書の一冊と言えます。