年収300万SEだけど、お金の話がしたい

アメリカ株インデックス&日本新興株&仮想通貨に投資しています。どうか暖かい目で経過を見届けてください。

読書感想 × 宮部 みゆき(著)× 火車

【著者】

宮部 みゆき

 

【あらすじ】

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。

自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?

いったい彼女は何者なのか?

謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。

山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

 

【感想】

一昔前の小説でありながら、"クレジットカード"と"お金"の扱い方を

考えさせられる"リアルな恐怖"を感じさせるミステリー小説。

 

著者の宮部みゆきさんの作品は初めて読んだのですが、

伏線の張り方と回収の仕方がもう度肝を抜かれました。

 

昔の作品なので現代とは違い、時代背景は違うところはありますが、

今でも通用するところばかりです。

 

また、読んでいる途中で「あれ?なんだったっけ?」って

思わせることがなく、主人公が定期的に振り返るシーンがあるので

ストレスを感じることなく読みやすいです。

 

最後の一行まで恐怖感を味あわせてくれる数少ない作品です。