年収300万SEのアメリカ株 & 新興株長期投資

アメリカのS&P500のETFを中心に新興株を取り入れて投資をしています。週に一度は更新すると思うので見て行ってください。

読書感想 × 板坂 元(著)× 考える技術・書く技術

【著者】

板坂 元

 

【あらすじ】

「情報過多の時代だから情報処理の技術を心得ておかないと翻弄されることになる」とは、

1973年刊行の本書に書かれていること。

さらに情報に振り回される現代こそ、本書の価値は高まっています。

学生・新社会人も必読!

 

「頭がいいとか悪いとか、ふだんよく使われる表現だが、もともとどういう意味があるのだろうか? (中略)

わたくしも教師生活を二十年近くは経験しているけれども、九十五点の学生と八十三点の学生の間に、

頭のよしあしの差があると思ったことは、いちどもない。

試験とはせいぜい、怠けているかどうかを知るのと、勉強をはげます程度にしか役立たないように思う。

学校の成績や入学試験にいたっては、競馬の勝ち負けより少しましだといったくらいのものだ。

とにかく信じられているほどには頭のよしあしとは関係がなさそうだ」

 

「独創とか創造とかについて、わたくしは日米あわせて五十冊くらいは参考書を読んだが、

(中略)すべてに共通することは、型にはまった考え方から離脱するために心身を訓練することであった。(中略)わたくしは、この態度をバンカラと呼んでいる」(本文より)

 

○脳は刺激を与えないと悪くなる

○「いつも」「みんな」という言葉は使うな

○朝は新聞を読むな

○ときどき、ふだん自分が興味のないジャンルを含め、あらゆる雑誌をまとめて眺め通すと、

頭のしこりがほぐれる(ブレーン・ストーミング読書)。

○精読するときは、黄色のダーマト鉛筆を使って気になる部分に線を引く

○読み返しのときは、しばらく時間をおく

○日本語はピラミッド型、英語は逆ピラミッド型。だから英語を聞き取るためには、文の 最初に注目する。

○自分に必要な情報を保存するとき、見出しをつけるときは「名詞」ではなく「動詞」を 使う

○保存する引用、要約に自分の見解を加えるときは、色を変えて書く

○アイデアを妨げるのは、「自分にはできない」という否定的な自己暗示

○相手に理解し、同調してもらうためには、「仲間意識」をつくりあげる

○読み手を味方にするには、私小説的アプローチを入れる

○数量化は大切

○自分の説と他人の説の区別は重要

 

【目次】

第1部 書く技術

第1章 なぜピラミッド構造なのか?

第2章 ピラミッドの内部構造はどうなっているのか?

第3章 ピラミッド構造はどうやって作るのか?

第4章 導入部はどう構成すればいいのか?

第5章 演繹法帰納法はどう違うのか?

 

第2部 考える技術

第6部 ロジックの順序に従う

第7部 グループ内の考えを要約する

 

第3部 問題解決の技術

第8章 問題を定義する

第9章 問題分析を構造化する

 

【感想】

古い書籍のため、表現なども古いです。

 

また、PCやメールなどはもちろんのこと、

"スマホを使用して・・・"、なんてことは全くありません。

 

しかし、現代に通じる情報はたくさん詰まった本と思いました。

 

特に「アダナ法」と「文末」については、

何度も読み直した程です。

 

・アダナ法

例え話は私もよく持ち出して話します。

 

しかし、このブログの中ではあまり出していないと思います。

もっと持ち出して書いてみようという気持ちになります。

 

もちろん、ブログの中だけでなく、

話しの中でも積極的に使用したい技術と思いました。

 

・文末

私もこうやって、ブログを書いていますが

文末については気をつけて書いているつもりではあるものの

ついつい同じ文末が続くことがあります。

 

そのため、単調になり面白い文章を書いているつもりが、

とてもつまらない退屈な記事になります。

 

興味を惹くような文章を書くのがいかに難しいかって

考えさせられます。

 

その他にもまだまだ参考になる部分はあります。

 

現在、このブログには134記事ありますが、

もっと"わかりやすい"、"面白い"記事に

更新していきたいと感じました。

スポンサーリンク