読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

読書感想 × 遠山 啓(著)× 数学入門(上)

【著者】

遠山 啓

 

【あらすじ】

数学は試験のためにだけ必要なもの、卒業と同時にさっぱり忘れてしまうものではなかったか。

しかし今日数学はあらゆる分野に活用されている。

現代社会に活動するすべての日本人に必要な数学の知識を、日常生活の論理に定着させて分りやすく説き、

会社経営や商品販売は勿論、家庭生活にも豊富な知恵とアイディアを提供する。

 

【目次】

第1章 数の幼年期

第2章 分離量と連続量

第3章 数の反意語

第4章 代数―ずるい算数

第5章 図形の科学

第6章 円の世界

第7章 複素数―最後の楽章

 

【感想】

最後まで楽しく読めました。

 

でも、出来ることならもっと早く読みたかったなあと。

時期は中学生ぐらいかな。

 

数学嫌いの僕でも楽しむことができました。

 

様々な分野から引用があり、歴史的背景の記述もあります。

 

最後のほうの図形や二次方程式は難しく感じたので、

もう一度読まないといけないなと。

 

日常生活との繋がりをすごく感じる事の出来る一冊です。

スポンサーリンク