読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

読書感想 × 池上 彰(著)× 知らないと恥をかく世界の大問題 (6)

読書感想

 

【著者】

池上 彰

 

【あらすじ】

宗教、経済、資源……世界は大きな転換期を迎えている。

深まる混沌と対立。解決の糸口を見いだせるのか?

戦後70年、阪神・淡路大震災地下鉄サリン事件から20年の節目に、

21世紀のあるべき世界の姿を考える。

 

【目次】

プロローグ 大転換期を迎えた世界

第1章 大国アメリカの野望と世界への責任

第2章 ヨーロッパ、衝突の現場から

第3章 イスラムの台頭〜文明の衝突は避けられないのか?〜

第4章 人類共通の問題に立ち向かえるのか?

第5章 戦後70年を迎える東アジアの未来志向

第6章 突き進む安倍政権が目指すもの

エピローグ 21世紀の世界のつくり方

あとがき

 

【感想】

池上 彰さんと言えば、テレビでお馴染みのあの人です。

難しいことを誰にでも分かりやすく解説してくれますよね。

本書でも分かりやすく、すらすら~っと一気に読むことが出来ました。

 

時事ニュースの入門書として良書と思います。

 

内容については国内にとどまらず、国外のことまでも広く浅く知ることが出来ました。

時事ニュースだけでなく、近代史についても紹介されていて

中東やヨーロッパの歴史については知らないことばかりでした。

 

特に中東のことなんて、自ら進んで勉強しないと誰も教えてくれないと思います。

サウジアラビアやイラン、イラク。そして、イスラム教のこと。

地図上でどこかも分かりませんでした。

でも、最近は中東の国が様々な問題を起こしているように思います。

今こそ、知る機会かもしれません。

 

残念だったのは、内容が少し偏っているようにも思いました。

池上さんの意見が多いに入っているのは当然と言えば当然なんですが。

 

それでも、時事ニュースについての解説本としては

頭一つ出ているように思いますし、次回作を期待します。

スポンサーリンク