年収300万SEのアメリカ株 & 新興株長期投資

アメリカのS&P500のETFを中心に新興株を取り入れて投資をしています。週に一度は更新すると思うので見て行ってください。

洋画 × アクション映画 × ボーン・アイデンティティー × マット・デイモン × ネタバレあり

ボーンアイデンティティ.jpg

【キャスト】

ジェイソン・ボーンマット・デイモン マリー・クルーツ = フランカ・ポテンテ ほか

【あらすじ】

銃で撃たれて負傷した男がマルセイユ沖で漁船に救助された。男は記憶を失っており、手がかりは皮膚の下に埋め込まれていたスイス・チューリッヒの銀行口座を示すマイクロカプセルのみ。男はスイスへ向かう。 CIAの『トレッド・ストーン(踏み石)計画』による工作員が、某国の政治家ウォンボシの暗殺に失敗し、連絡が途絶えた。ウォンボシがマスコミにCIAの暴露本を発表すると発言したことで、CIAは証拠隠滅に動きだした。 記憶喪失の男はスイスへ到着したが、夜の町で警官二人から職務質問を受ける。男は自分でも気付かないうちにドイツ語で受け答えし、警棒を突きつけた警官たちを反射的に叩きのめしてしまい、そのまま逃走する。その後、マイクロカプセルが示した銀行の貸し金庫を引き出すが、その中身は、パリ在住の「ジェイソン・ボーン」という名前が記されたアメリカ合衆国パスポートをはじめとして、彼の写真が貼り付けられた多数の偽造パスポート、複数の通貨からなる大量の札束、そして拳銃だった。 ボーンは自分の正体を確かめる為に、まずパスポートに記載されていた自分の住所であるフランスのパリへ向かおうとするが、警官を叩きのめした事で手配されており、警官に追跡される。辛うじてアメリカ領事館に逃げ込んだが、現地警察に追われていた彼を、改めて確保しようとした領事館員と争いになり、また格闘となってしまう。領事館詰めの海兵隊員の追跡をかわし、どうにか領事館から逃げ出した彼は、たまたま居合わせたマリーに金を払い、彼女の車に乗って自分が住んでいたアパートのあるパリに向かう。

【感想】

マット・デイモンといえば、オーシャンズ11に 出てくる弱気な男ってイメージだったけど 今回は全くそんな感じじゃなかったんです。 むしろめちゃくちゃ強くて、かっこいいんよな~! アクションも満載でハラハラしまくり。 2002年の映画だけど、とても楽しめました。 むしろこれぐらいの年代のほうが面白いかも?

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。