年収300万SEのアメリカ株 & 新興株長期投資

アメリカのS&P500のETFを中心に新興株を取り入れて投資をしています。週に一度は更新すると思うので見て行ってください。

洋画 × ノンフィクション映画 × ブラックスキャンダル × ジョニー・デップ × ネタバレあり

ブラックスキャンダル.jpg

映画『ブラック・スキャンダル』公式サイト

映画『ブラック・スキャンダル』予告編

映画『ブラック・スキャンダル』予告編

【キャスト】

ジェームズ・"ホワイティ"・バルジャー = ジョニー・デップ

ジョエル・エドガートン = ジョン・コノリー

ベネディクト・カンバーバッチ = ビリー・バルジャー ほか

【あらすじ】

暴かれる!FBI史上最悪の汚職事件。これは紛れもない実話だ。 ジョニー・デップ史上、最高の演技 ―バラエティ誌― 全米を震撼させた禁断の"密約"を描いたクライム・サスペンス 1975年、サウスボストンでアメリカの正義の根幹を揺るがす史上最悪の汚職事件が起きた。 マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリー(ジョエル・エドガートン)は、イタリア系マフィアと抗争を繰り広げるギャングのボス、 バルジャー(ジョニー・デップ)に敵の情報を売るよう話を持ちかける。FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅に追いやるバルジャー。 出世欲の強いコノリーと名声を望む政治家のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)もまた、彼と手を組み権力の座を駆け上がっていく――。 そう彼らは同じ街で育った幼馴染だったのだ。悪の象徴であるバルジャーにより徐々に取り込まれていくFBI、思惑とは別に欲望の歯車が狂い始める――。 やがて地元紙のスクープで彼らの悪事が明らかになった時、彼らに訪れる衝撃の結末とは。 ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルがいま暴かれる!

【感想】

映画館に見に行ってきましたよ。

公開1週間ってこともあってか、人は結構入ってましたね。

けれど、私自身は楽しむことが出来ませんでした・・・。

周りの反応はどうだっただろう?

ストーリーが小難しいところもありますし、 盛り上がりにかけたように思います。

またR-15ってこともあって、残酷なシーンもありました。

ジョニー・デップということで見たんですが、 FBIのことについてもっと興味を持って見ることが 出来ると楽しめたのかもしれません。

それにしても期待外れでした・・・。 理解出来ていないところもあったので もう一度見ると面白く感じるのかもしれませんね。

[文庫]

前売りチケット]

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。