読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

洋画 × 6才のボクが、大人になるまで。 × エラー・コルトレーン × 子役がそのまま大人に! × ネタバレあり

映画 洋画

6才のボクが、大人になるまで。.jpg

【キャスト】

エラー・コルトレーン

ローレライ・リンクレイター

パトリシア・アークエット

イーサン・ホーク ほか

【あらすじ】

メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母が住むヒューストンへの引っ越しを決める。さらに彼らの転居先に、離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)が1年半ぶりに突然現れ……。

【感想】

簡単に言うと6才の男の子が大人になるまでの青春映画です。 けれど、違うところが子役が実際に1年ごとに撮影をして、 大人になるまでの映画となります。 つまり、子役の俳優がそのまま大人役の俳優になるんですよね。 これって、もうすごいことで、映画を見ているのだけど リアルな生活を見ている気になります。 大きい事件なんかも起きませんし、退屈な感じそうだけど、 人生そのものを映画しているような出来事が起きます。 恋愛、将来の悩み、兄弟のこと、親の離婚。 もちろん、子役の俳優だけでなく、親の俳優、女優も代わることはありません。 時間と密接にある映画。 一風変わった映画でとても楽しめると思います。 おすすめの作品ですね。

[DVD]

[Blu-ray]

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。