読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

読書感想 × 下町ロケット × 池井戸 潤

読書感想

下町ロケット.jpg

 

【著者】

池井戸 潤

 

【あらすじ】

研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。

圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。

特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。

男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!

第145回直木賞受賞作。

 

【感想】

ドラマ化もされた人気作品です。

 

あらすじは大企業 VS 中小企業というのがあって、

その中で様々な人間模様があります。

 

著者である池井戸 潤さんの本は初めて読んだのですが、

人間模様を描くのがとにかく上手いですよね。

 

気付くと作品にのめり込んでいました。

 

また、主人公の敵であるはずの大企業の中にも

良き理解者であり、味方である人物が現れるなんてのは

「あー良いな」って思ってしまいます。

 

私は一気に読んでしまったんですが、

続きが気になってしまう作品ともいえます。

 

下町ロケットは続編の現在2まで出ていますが、

単行本はまた発売されてなくて、今から待ち遠しいです。

 

池井戸 潤さんの別作品も読んでみようと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク