読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

洋画 × インサイドヘッド × 「喜び、悲しみ、怒り」頭の中の住人を描いた作品 × ネタバレあり

映画 洋画

インサイド・ヘッド.jpg

【あらすじ】

ピクサー長編アニメーション20周年記念作品。

監督は『カールじいさんの空飛ぶ家』『モンスターズ・インク』のピート・ドクター。

「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」の5つの“感情たち”が繰り広げる感動の冒険ファンタジー。

いつでも笑っていたいのに、なぜ「カナシミ」は必要なのか?それに気づいた時、あなたは自分をもっと好きになれる。

【感想】

5つの感情のキャラクターと思春期の女の子とその家族の物語です。

頭の中で「ヨロコビ」が頑張って頑張って「カナシミ」が余計なことをしちゃうというのが前半の話。

それからも「カナシミ」がどんどん主人公をネガティブにしていきます。

そして、ラストに向かい大どんでん返しがありました。

それにこの5つの感情ってどれも大切なんだと気付かさせられます。

ピクサー」らしい子供向けなのに、大人も考えさせられる映画です。

ドクター監督がこの作品に込めた想いを語った言葉 「人生の幸せというものは、ずっと深いところに存在するのです」 その言葉全てが詰まった作品です。

ディズニーの映画をあまり見ない私でも楽しむことが出来て、考えさせられました。

別のディズニー映画も見てみようかな~。

[DVD]

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。