読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩く湿度計あっくんのブログ

オンライン英会話、投資、映画、そして本の読書感想・・・などなど。気ままに記事にしていきます。

200年間成長する市場に投資(1557)S&P500 × 超長期投資 × 松井証券で預株収入と分配金を得ようと思う

日本株式市場に上場している(1557)S&P500の説明記事です!

今あるお金を増やしたいと考えて行き着いた先は株式投資

 

f:id:Akira1227:20170214223153j:plain

株式投資といっても様々な銘柄、投資方法があるみたいで、サラリーマンであり、そこそこ分配金がもらえて長期的に伸びる方法がある投資がしたい。そんなものはないものかと探し当てたのが、東証へ上場しているアメリカETFへの投資でした。

 

今までの投資スタイル

ちなみに今までしたことのある投資スタイルは、インデックス積立投資⇒ETFレバレッジ投資⇒大型銘柄への配当金目的の投資⇒小型株へのバリュー投資と流れました。

証券会社もSBI証券カブドットコム証券⇒松井証券(申し込み中)といった感じに。

 

一番損したのは大型銘柄への配当金目的の投資です。マイナス金利に直撃して大損くらいました。得したのは・・・そこそこって感じなので誇れるものはなしですね。

 

S&P500(1557)という銘柄は

そんな中で見つけた投資方法は、先ほどもほんの少し紹介したアメリカETF投資。

アメリカ株式はS&P500、ナスダック、NYダウがあり、S&P500が一番ハイリターンを記録しています。また500社も詰まっていて、リスク分散も出来るかと思います。リーマンショックも乗り越えることが出来て、今も市場最高値を更新し続けています。

この先、○○ショックが起きても「バーゲンセールだ!」といって喜んで買いにいけるでしょう。

 

S&P500への銘柄はいくつかあって、アメリカに上場しているSPYってのもあります。

しかし、(1557)S&P500は日本市場に上場しているため、日本時間で値動きが確認できて一目で評価損益が分かってメリットもあるかと思います。

もちろん、アメリカETFってことでドル円の為替リスクもあります。これは気にしなくて良いように思います。為替は右肩上がりでなくても、S&P500は右肩上がりなので。

 

S&P500(1557)を買う証券会社は松井証券

買う証券会社は松井証券が一番最適だと思います。

というのも、預株というのでお金が発生します。毎日発生するなんてことはなくても、ないよりは良いかと思います(笑)これにより、信託手数料と分配金発生時の税金分は相殺できるかと。

 

それに松井証券は10万円未満の手数料は無料です。カブドットコム証券も無料ですが、貸株、預株も非対称で、他の証券会社も同じです。

 

つまり断然、松井証券が一番最適です。

 

新興国、日本、債券など組み合わせる必要性

新興国、日本、債券、金、石油などのながーいチャートを見ると気付くと思いますが、右肩上がりのチャートはありません。それに比べてアメリカのナスダック、NYダウ、S&P500だけは高値を更新続けています。

 

そういった理由で新興国、債券への投資は不要だと思います。

もちろん、アメリカETFだけの投資はハイリスクの可能性もあります。今年1年だけを見ると新興国にリターンは少なくなるかもしれませんが、長い目で見るとアメリカETF、(1557)S&P500投資が一番効率良いように思います。

※ちなみにこれは私個人が思ったことで、不確実です。

 

そんなことを教えてくれた投資ブログ様たち

(チャート表示もデータもあるのでおススメです!)

snufkinindex.blog.fc2.com

 

growrichslowly.net

 

早く松井証券の口座開設終わってほしいな。

この投資方法、29歳の私だから出来るリスクのある投資なのかもしれないなんて思うと、若いってのは武器になるし、有利!

 

スポンサーリンク